TRANSIT WORKS

働き方を再構築する

チーム組成とデータ取得を主軸としたITコンサルティング

セミナー
[働き方を再構築するチームのつくり方]



メソッド


I.経営陣の課題

CEO/CFOなど経営陣は常時次のような課題を抱えています。

 

[1]業務の実態把握

CEO/CFOなど経営陣は常に何処で何がおきているかを多角的に把握しなければなりません。また事業買収(M&A)や事業の多角化を繰り返して事業が複雑化すればするほど、多角的な実態把握の必要性はますます高まります。

 

[2]株主への適切な説明力(上場企業)

さらに上場企業のCEO/CFOなどの経営陣は「コーポレートガバナンス・コード」に従い事業運営に関する意思決定過程の合理性を説明する努力または責任(*)が伴います。

(コーポレートガバナンス・コード 基本原則5*「株主との対話」)

 

CEO/CFOの課題を解決するためにチーム組成と働き方データを取得する。私たちのメソッドの主軸はここにあります。

 

  • Remarks:

    コーポレートガバナンス・コードについて

    * 2015年3月に金融庁と東京証券取引所によって制定されたコーポレートガバナンス・コードは2018年6月に改訂されました。そこでは自社の資本コスト(ROICハードルレート)を的確に把握した上で事業ポートフォリオの見直しや設備・研究開発投資・人材投資等の適切な配分をどのように行なっているか株主と対話できるよう求められています。

 

II.解決に向けて

ファイナンス視点でデータを取得する

チーム組成と働き方データ取得を実現するにはデータの使い道となるファイナンス視点が欠かせません。 トランジットワークスのソリューションは働き方改革の最終的な成果をファイナンス視点で確認できるようにすることにあります。

 

  • Reason1

    成果が「貨幣」で把握できるから。

    働き方改革の最終目的は業績を高めることにあります。また、あらゆるステークホルダーが理解できる共通言語は「貨幣」。働き方をファイナンス視点で把握する理由の一つは成果が貨幣で把握できるからです。
  • Reason2

    構成(チーム)単位で把握できるから。

    真に卓越した組織は組織内のあらゆるレベルで人々の学習する能力を高めます。私たちは組織内のあらゆるレベルでの学習を可能にするために売上ではなくP/Lを確定できる単位で働き方データを切り出します。働き方をファイナンス視点で把握する理由のもう一つは、構成(チーム)単位で把握できるからです。

III.ベネフィット

働き方データ取得にはどんなベネフィットがあるのか

こうしてファイナンス視点で経営を判断する為に取得する働き方データは「内部の人々の行動」が「成果」にどれくらい結びついたか、相関関係や因果関係を分析する大きな手がかりを提供してくれます。

 

 

「業務の実態」ピラミッド

下図をご覧ください。この図は仕事の実態を把握するために一般的に使われるピラミッドです。 従業員から見れば、上から「会社の理念に:共感できる・できない」、「業務の進め方に:共感できる・できない」、「チームワークが:良い・わるい」などを判断するために使われます。また、上段・中段・下段、それぞれ相互に関係性があります。経営理念は業務の「進め方」に反映され、社内風土は「業務」効率に影響を与えるなどです。いずれも経営陣や風土が利益の源泉でもある「業務」にどのような影響を与えるのかを示した図です。

 

benefit_img_01

 

チーム組成とデータ取得

次に、上とは逆で「業務」は経営や風土にどんな影響を及ぼすのかについて考えることができます。働きかたデータの取得は、このピラミッドの真中にある「業務」データを取得することにほかなりません。いま、テクノロジーの力で働きかたデータを取得することは、如何なるベネフィットをもたらすのでしょうか。

 

benefit_img_02

 

  • Meth-1

    経営陣へのベネフィット

    可視化ならびに適切なマネジメントを行うことで業務の「進め方」がスムーズになります。そして業務が高い「効率」で実行されることで結果としてROICが向上します。「学習するチーム(*)」において蓄積された「働き方データ」は株主に対する「資本配分比率の妥当性」への説明データに繋がります。こうして働きかたデータの取得・蓄積は経営陣にベネフィットをもたらします。
  • Meth-2

    社内風土にもたらすベネフィット

    一方、当初は社内のごく一部でスタートした「チーム」は、「働くための最適な仕事の進め方」を独自で進化させていきます。(これを組織心理学では学習するチームと呼んでいます。)そこでは働くために最適化された「カルチャー(風土)」が育つということは、成果を出すチームが持つカルチャーが次第に社内全域へと拡大していくことを意味します。このように働き方データの取得は、間接的に社内風土を改善するというベネフィットをもたらすのです。

チーム組成とデータ取得について

働き方の改善が成果を出せるかは、計画だけでなくメンバーの活動実践の巧拙に依存する。

 

自律のための初動チーム

以上を検証するために、自律を前提にしたチーム(初動チーム)を組成します。

 

「働き方改革」と「自社の成長」「ROICの向上」は一体不可分なもの。

一方で、誰もが自分のスタイルにあった働き方でかつ自社が成長することを望んでいます。

私たちは、これらを解決する手段として、テクノロジーの力で働き方改革を直接的・積極的に推進する主体的なチームが必要だと考えています。

 

この特命チームの目的とはいったいどんなものなのか、また初動でどんなチームビルディングを行うのか、実践作業として何をするのか、などに焦点をあて、詳しくみてみましょう。

セミナー
[働き方を再構築するチームのつくり方]