[働き方TECH ] 働き方TECH の可視化の手段として「ROIC(Return on Invested Capital)」を使う理由について解説します。

TRANSIT

「働き方改革」を「財務視点で可視化する」というと、多くの方はちょっと違和感を感じるかもしれません。二つの単語が認知的に不協和なものだからです。

今日はこの一見「いかつい」ROIC(マーケティングではROMI)という財務指標を可視化することで、働き方改革を達成する、とは一体どういうことなのかを説明します。

そもそも働き方改革の目的とは?

最初に働き方改革の「ゴール(目的)」をこのように考えています、というお話をしましょう。

私たちは「働き方改革がなされた」企業または部門は、「理想的な業務遂行ができるチーム」が出来上がっていると考えます。そして、この状態を達成するためには「チーム作り」が重要だと考えています。

誰もが理想的なチームに囲まれて仕事をしたいと思います。

理想的なチームのもとで働いている自分の姿を想像すれば、これが自分の働き方のもっとも理想の形と思うことができるはずです。「そこで働きたい」と考える人を一人でも増やすことの最終形が働き方改革のゴールだと考えています。

 

例えば、チームが取り組む仕事の目標がはっきりとわかるチーム、自分の仕事が時間までに終わりきれなくても他のチームメンバーがシームレスにそれを引き継いでくれるチーム。そんな理想的なチームのもとで仕事をすれば、業績も上がるでしょうし、経営マネジメント層にとっても申し分のない理想的な姿になることでしょう。

 

テクノロジーの力でどのように解決するのか?

さて、働き方改革の最終ゴールの話をしました。しかしそれはあくまでも理想の状態であって現実は「そこに向かって走り続ける」時間が大半を占めています。私たちはその大部分の時間を過ごすにあたって、[働き方TECH]を提供します。[働き方TECH] というからにはテクノロジーの力で何かをラクにするもの。でなければなりません。そして、私たちは「ROICを可視化」します。

 

働き方改革の最終形である「理想のチーム」に変えていくためにはいまの働き方をどのように「徐々に変えて(改革して)」いけば良いのでしょうか。理想の実現の過程に向けた大半の時間を過ごすみなさんが、その途中のプロセスを経営陣に対して明らかにする/可視化するテクノロジーが必要です。

ROICのメリット

そのそも私たちはなぜ「ROIC」を持ち出しているのでしょうか。そこでROICとは何かを解説するよりも前に、まずROICのメリットからお話をしたほうがいいと考えています。

ROIC導入のメリットはずばり2点、資本市場に対する説明力と事業投資に関するPDCAサイクルの可視化の2点です。

そして、前者が経営マネジメント層(コーポレート)へのメリット、後者が業務担当者(事業部門)へのメリットに該当します。本メディアでは記事を通して、ここら辺をもっともっと掘り下げていきたいと思います。

では「費用対効果」(ROI)って何のためにとるの?

[働き方TECH] で「ROIC」を採用する理由は「働き方TECH」が「資本市場への説明」という経営上の問題と現場の「働き方に関する問題」の2つを同時に解決することができるテクノロジーだから、ということをお話ししました。導入のメリットの次は、そもそもROICとはどういうものなのか、という話に移りたいと思います。

「投資の費用対効果(ROI)」はなぜ取得する意味があるの?

皆さんはなぜ、ROIを取りたがるのですか?

それは案件ごとにROIを取得することによって案件の効率が一目でわかるからに他なりません。案件ごとの収益率がわかればその投資が良いものか悪いものかが評価できるからです。さて、これは「当たり前」でしょうか? そこに何かが欠けていませんか?

外注費(BPO)のROIだけ取るの?

ROIは一般的には外注費の費用対効果だけを指すケースが多いです。例えば「折り込みチラシ広告に100万円かけた費用対効果は」などのように外注費を分母にして計算するケースがほとんどでしょう。

 

ところが「ROICの使い手」である経営マネジメント層は同じ考えでROIを取りたいと考えています。資本市場に目が向いている経営マネジメント層は、資本市場から託された資金を各部門にいくらづつ配分(予算配分)するのが適正か、というROI測定の目的を持っています。例えば営業部門は3人増員しようとか、経理のこの部分は外注にしようとか、採用費用は積み増ししよう、などです。

 

ROICについて簡単に。

以上、一般的なROIについてお話しましたが、じゃあ「ROIC」てなんだ?という質問があるかもしれませんので簡単にお話ししておきます。 会社は株主や資本市場から期待されている収益率(WACCと言います)があります。日本株だと今はおおよそ年率6.2%くらいです。上場企業はこの市場からの期待収益率(資本コストと言います)を上回って利益を積み上げる「期待」を株主からされています。そしてこれをROICと呼んでいるにすぎません。説明が雑ですが、経営マネジメント層がIR活動を通じて資本市場に説明をする際に使うROIだと考えて問題ないでしょう。

 

以上、ROICについてのお話でした。