TransitWorks セミナー

 

 

 

 

トランジットワークスでは

ファイナンスと組織心理学をベースとしたセミナーを開催しております。

チームビルディングが加速する
多くのビジネスリーダーが従業員の大切さを認め、その意見を聞くことに価値があると明言しています。このようなチャレンジングな取り組みをするためには既存のカルチャーを破壊し、前に進んでいかなければなりません。
現場がより大きな全体と繋がっている感覚を持つためにはどうすれば良いのか。働き方改革は果たして業績向上につながるのか。コーポレート・ファイナンスと組織心理学という風変わりな二つの切り口で、「成果を加速する」働き方改革セミナーを開催します。

 

 

演題:テーマ一覧
  • -Seminar 1-

    テクノロジーの力で働き方データを蓄積するチームの作り方

    いま、社内デジタル化に向けてSaaSの活用が大きな潮流となっています。しかし社内システムをいくら整備してもそれが使われないという事態もまた、蔓延しやすい状況です。働き方改革は最後はチームめバーそれぞれがチームを良くしようという働きによって実現するもの。セミナーではチームビルディングそやり方についてお話しします。

セミナータイトル テクノロジーの力で働き方データを蓄積するチームの作り方
対象 企業のマネジメント層の皆様
内容 いま、社内デジタル化に向けてSaaSの活用が潮流となっています。しかし社内システムをいくら整備してもそれが使われないという事態もまた、蔓延しやすい状況です。働き方改革は最後はチームめバーそれぞれがチームを良くしようという働きによって実現するもの。セミナーではチームビルディングそやり方についてお話しします。
セミナー番号 A1A-001-0001
  • -Seminar 2-

    「働き手」の高価な体験を組織のその後に活かすチームの作り方

    組織の失敗の半分は「現場の情報」が経営まで「価値ある情報」として伝わらないことが原因と言われています。旧日本軍における失敗の端緒となった「ノモンハン事件(昭和14年)」の時代から、現場の失敗が価値ある情報として伝わらないことによる組織の失敗は数多く繰り返されています。このセミナーではこのような現場の失敗を「価値ある情報」として捉えられるよう、紐解いていきます。

セミナータイトル 「働き手」の高価な体験を組織のその後に活かすチームの作り方
対象 経営企画担当者、CEO/CFO
内容 組織の失敗の半分は「現場の情報」が経営まで「価値ある情報」として伝わらないことが原因と言われています。旧日本軍における失敗の端緒となった「ノモンハン事件(昭和14年)」の時代から、現場の失敗が価値ある情報として伝わらないことによる組織の失敗は数多く繰り返されています。このセミナーではこのような現場の失敗を「価値ある情報」として捉えられるよう、紐解いていきます。
セミナー番号 A1A-001-0002

 

 

YOUTUBEチャンネル:

働き方データと組織マネジメント:WACC/ROICを把握する

弊社では「働き方改革」に関連するテーマを中心としたYouTubeチャンネルを運営しています。

働き方データの様々な活用方法、ROIC経営等の内容を中心に、経営マネジメント層、特にCEO/CFOや部門管掌担当者の方々へ
有用な情報を発信していきます。非常にまじめなテーマを扱いつつ、「タメになるけど、面白い」動画を目指して運営しています!

 

 

 

 

  • Cate-1

    「組織論」カテゴリー

    経営マネジメント層は、株主資本を社内の業務に適切に配分することで、ROICの極大化を目指しています。

  • Cate-2

    「働き方データ分析」カテゴリー

    「株主資本の投下量」と「業務の善し悪し」によって、ROICは変動します。